2015年12月27日

12/27 アメリカこぼれ話40 真ん中にない公園=セントラル・パーク

アメリカこぼれ話 40
JN協会理事 北村 嵩 (元 JTB取締役)

「真ん中にない公園=セントラル・パーク」

19世紀後半は、アメリカで産業化、都市化が急速に進行し、
多くの移民が職を求めて都市に集中し、スラムを形成して
いった。ニューヨークはその代表的な都市であり、マンハッ
タン島の南から北に向かって急激に膨張していった。
人口が急増して都市化が進む中、有識者の間でロンドンの
ハイドパークやパリのブローニュの森のような、人々が安
らげる都市公園を作る呼びかけが行われた。

この当時、住民の大部分は現在のロアーマンハッタンに
住んでおり、公園と呼べるような場所はほとんどなかった。
1853年、州議会がマンハッタンの中心に公園を建設する権限
を市政府に与え、現在の場所を公園予定地と定め、公園の設
計案を公募。建設コンペを実施した結果、フレデリック・
ロー・オムステッドとカルヴァート・ヴォーの「芝原計画」が
採用される。岩と湿地帯の大改造が1858年に開始され、1876年
に完成した。建設当時、この辺りは住宅地から遠く、アイルラ
ンド系や黒人などの不法居住者が小屋を建て住み着いていた。
彼らは豚などの家畜を飼い、密造酒を作っていた。これらの
約千数百名は立ち退きに激しくい抵抗したが、それも敵わず
退去させられた。公園の整備は多くの移民の雇用対策の側面
も持っていたが、この当時は「金ぴかの時代」といわれ、
政治と経済界が癒着し汚職と腐敗が横行しており、この公園
計画も政治的に利用された。

理想主義的なオムステッドは、都市の公園は重要な教育現場
の一つ、と考えており、公園の秩序を守るために細かい規則
を作り、景観維持に努めようとした。この広大な土地の利便
性や将来性を見込んで、経済的、実利的な思惑の商業主義が
押し寄せ、サーカス、遊園地、売店などで儲けようとする動
きが絶えなかった。オムステッドは公園本来の目的に添わな
いとして拒絶したが、腐敗した政治家の圧力で何度か解雇さ
れた。

完成した“セントラル・パーク”は都心から遠く離れたアッ
プタウンに位置しており、交通が不便で費用も高く、その緑
の恩恵を一番必要としていた住民には手の届かない場所だった。
一方、中産階級や富裕層にとっては物珍しい場所となり、馬車
で見物に訪れ、流行していた自転車を乗り回し、冬にはスケー
トを楽しんだという。人里から遠い場所に出来た公園の名前が
“セントラル・パーク”であったため、一部では皮肉や揶揄の
対象になった。

posted by JN01 at 01:06| 連載:アメリカこぼれ話

2015年10月20日

10/20 アメリカこぼれ話38 マックバーガーのルーツは蒙古


アメリカこぼれ話 38
JN協会理事 北村 嵩 (元 JTB取締役)

「マックバーガーのルーツは蒙古」

 世界中で人気のファーストフード店「マクドナルド」の1号店は
1955年にシカゴでオープンしたが、このチェーンの元祖はレイ・
クロックでマクドナルド兄弟ではない。

 創業者のマクドナルド兄弟はカリフォルニアでホットドッグの
屋台を営んでいたが、 1940年にサン・ベルナディノでレストラ
ンを開業した。複数あったメニューのうち売り上げの大部分が
ハンバーガーであることに気がつき、 店を改装してハンバー
ガーのみをスピーディーに販売する方針に変更して大当たり
し、フランチャイズ店を持つまでに成長した。

 これに目を付けたのが店にミルクセーキ用の器具を納入し
てマクドナルド兄弟と面識のあったレイ・クロックで、経営に参
画した後、余り経営に興味がなかった兄弟から経営権を買い
取り、世界にチェーン店を拡大していった。

 2000年現在のレストラン・チェーンのランキングでは 2位の
バーガー・キングや3位のケンタッキー・フライド・チキンを大き
く引き離して1位となっている。 しかし現在のようなハンバー
ガーをパンに挟み込む方式を考え出したのはマクドナルド兄
弟ではなく、1904年のセントルイス世界博覧会の会場で、この
方法で販売して評判になったテキサスの田舎町出身のフレッ
チャー・デイビィスで、彼は後にパートナーと「ホワイト・キャッ
スル」という名前のハンバーガー・チェーンを創立している。

 そもそもハンバーガーの起源は18世紀頃にドイツの港町ハン
ブルグで人気のあったタルタルステーキと言われている。タル
タルステーキは13世紀頃にロシアまで攻め込んだ蒙古系の騎
馬民族が遠征中の食料として羊の屑肉を馬の鞍の下において
走らせ、柔らかくなった生肉を食したもので、ロシアに持ち込ま
れて羊肉を牛肉に代え、 玉ねぎのみじん切りや胡椒、 生卵を
加えて食べやすくしたものである。

 この料理が当時世界の港だったハンブルグに伝わり、更に牛
肉・豚肉の合いびき肉に塩・胡椒・ピクルス・つなぎのパン粉
など入ってほぼ現在のハンバーグの形になったもので、いつか
ら生肉に火を通すようになったかは不明である。

 19世紀になると多くのドイツ人がハンブルグ港からアメリカに
移住し、彼らがよく食べるひき肉料理はアメリカ人に“ハンブル
グ風ステーキ”すなわちハンバーグステーキと呼ばれるように
なったのである。




.
posted by JN01 at 11:38| 連載:アメリカこぼれ話

2015年08月28日

8/28 アメリカこぼれ話37「誤訳が原爆投下を招いた?」


アメリカこぼれ話37
JN協会理事 北村 嵩 (元 JTB取締役)

「誤訳が原爆投下を招いた?」

 第2次世界大戦で、既にイタリー、ドイツが連合国に
降伏し日本の敗戦が濃厚となった1945年7月26日、アメ
リカ、イギリス、中国の三国はドイツのポツダムで宣
言を発し、日本に無条件降伏を迫った。

いわゆる「ポツダム宣言」である。

当時の日本は国民総動員体制で本土決戦に備えるべく
国民に呼びかけており、東条英機首相退任後の鈴木貫
太郎首相は、こうした国家的雰囲気の中で弱気な発言
をすることは不可能であった。

特に軍部は天皇制についての内容が不明確であるとし
て宣言の受諾に反対の立場を取っており、政府の最高
戦争指導会議では宣言を受諾するか否かで意見がまと
まらなかった。

結局、鈴木首相は和平の仲介を依頼しているソ連の出
方を待って最終決定しようと考え、「静観したい」と
いう内容を弱気でない強い言葉で表現して記者会見を
行った。

そのとき使用したのが「黙殺する」という言葉である。
この「黙殺」が外国に打電されたときに「ignore」つまり
「無視する」と訳されたのである。又、別の海外電報で
は「黙殺」を「reject」拒否と訳されたという説もあり、
いずれにしろこれらの訳語が連合国側の態度を硬化させ、
10日も立たない8月6日に広島に原爆を投下されることに
なったのである。

ポツダム宣言では、日本がこれを受諾しない場合「迅速
かつ完全な破壊あるのみ」と予告されていたが、その重
大さを十分に理解していなかったのだ。せめて「ノーコメ
ント」とでも訳されていたら連合国側の受け取り方も違っ
ていたかもしれないが、日本の首相がどのような思いを
込めて「黙殺」という言葉を選んだか、その微妙なニュ
アンスを連合国側に理解を求めるのは無理であった。

鈴木首相と日本政府が「黙殺」という言葉がどのような結果
をもたらすか考え、違う表現を使用していれば違う形の終
戦を迎えたのではなかったかと考えると複雑な感情が湧き
出てくる。

鈴木首相の発言は「ただ黙殺するだけである。我々は戦争
完遂にあくまで驀進するのみである」であった。

posted by JN01 at 13:02| 連載:アメリカこぼれ話