2015年10月20日

10/20 アメリカこぼれ話38 マックバーガーのルーツは蒙古


アメリカこぼれ話 38
JN協会理事 北村 嵩 (元 JTB取締役)

「マックバーガーのルーツは蒙古」

 世界中で人気のファーストフード店「マクドナルド」の1号店は
1955年にシカゴでオープンしたが、このチェーンの元祖はレイ・
クロックでマクドナルド兄弟ではない。

 創業者のマクドナルド兄弟はカリフォルニアでホットドッグの
屋台を営んでいたが、 1940年にサン・ベルナディノでレストラ
ンを開業した。複数あったメニューのうち売り上げの大部分が
ハンバーガーであることに気がつき、 店を改装してハンバー
ガーのみをスピーディーに販売する方針に変更して大当たり
し、フランチャイズ店を持つまでに成長した。

 これに目を付けたのが店にミルクセーキ用の器具を納入し
てマクドナルド兄弟と面識のあったレイ・クロックで、経営に参
画した後、余り経営に興味がなかった兄弟から経営権を買い
取り、世界にチェーン店を拡大していった。

 2000年現在のレストラン・チェーンのランキングでは 2位の
バーガー・キングや3位のケンタッキー・フライド・チキンを大き
く引き離して1位となっている。 しかし現在のようなハンバー
ガーをパンに挟み込む方式を考え出したのはマクドナルド兄
弟ではなく、1904年のセントルイス世界博覧会の会場で、この
方法で販売して評判になったテキサスの田舎町出身のフレッ
チャー・デイビィスで、彼は後にパートナーと「ホワイト・キャッ
スル」という名前のハンバーガー・チェーンを創立している。

 そもそもハンバーガーの起源は18世紀頃にドイツの港町ハン
ブルグで人気のあったタルタルステーキと言われている。タル
タルステーキは13世紀頃にロシアまで攻め込んだ蒙古系の騎
馬民族が遠征中の食料として羊の屑肉を馬の鞍の下において
走らせ、柔らかくなった生肉を食したもので、ロシアに持ち込ま
れて羊肉を牛肉に代え、 玉ねぎのみじん切りや胡椒、 生卵を
加えて食べやすくしたものである。

 この料理が当時世界の港だったハンブルグに伝わり、更に牛
肉・豚肉の合いびき肉に塩・胡椒・ピクルス・つなぎのパン粉
など入ってほぼ現在のハンバーグの形になったもので、いつか
ら生肉に火を通すようになったかは不明である。

 19世紀になると多くのドイツ人がハンブルグ港からアメリカに
移住し、彼らがよく食べるひき肉料理はアメリカ人に“ハンブル
グ風ステーキ”すなわちハンバーグステーキと呼ばれるように
なったのである。




.
posted by JN01 at 11:38| 連載:アメリカこぼれ話

2015年08月28日

8/28 アメリカこぼれ話37「誤訳が原爆投下を招いた?」


アメリカこぼれ話37
JN協会理事 北村 嵩 (元 JTB取締役)

「誤訳が原爆投下を招いた?」

 第2次世界大戦で、既にイタリー、ドイツが連合国に
降伏し日本の敗戦が濃厚となった1945年7月26日、アメ
リカ、イギリス、中国の三国はドイツのポツダムで宣
言を発し、日本に無条件降伏を迫った。

いわゆる「ポツダム宣言」である。

当時の日本は国民総動員体制で本土決戦に備えるべく
国民に呼びかけており、東条英機首相退任後の鈴木貫
太郎首相は、こうした国家的雰囲気の中で弱気な発言
をすることは不可能であった。

特に軍部は天皇制についての内容が不明確であるとし
て宣言の受諾に反対の立場を取っており、政府の最高
戦争指導会議では宣言を受諾するか否かで意見がまと
まらなかった。

結局、鈴木首相は和平の仲介を依頼しているソ連の出
方を待って最終決定しようと考え、「静観したい」と
いう内容を弱気でない強い言葉で表現して記者会見を
行った。

そのとき使用したのが「黙殺する」という言葉である。
この「黙殺」が外国に打電されたときに「ignore」つまり
「無視する」と訳されたのである。又、別の海外電報で
は「黙殺」を「reject」拒否と訳されたという説もあり、
いずれにしろこれらの訳語が連合国側の態度を硬化させ、
10日も立たない8月6日に広島に原爆を投下されることに
なったのである。

ポツダム宣言では、日本がこれを受諾しない場合「迅速
かつ完全な破壊あるのみ」と予告されていたが、その重
大さを十分に理解していなかったのだ。せめて「ノーコメ
ント」とでも訳されていたら連合国側の受け取り方も違っ
ていたかもしれないが、日本の首相がどのような思いを
込めて「黙殺」という言葉を選んだか、その微妙なニュ
アンスを連合国側に理解を求めるのは無理であった。

鈴木首相と日本政府が「黙殺」という言葉がどのような結果
をもたらすか考え、違う表現を使用していれば違う形の終
戦を迎えたのではなかったかと考えると複雑な感情が湧き
出てくる。

鈴木首相の発言は「ただ黙殺するだけである。我々は戦争
完遂にあくまで驀進するのみである」であった。

posted by JN01 at 13:02| 連載:アメリカこぼれ話

2015年06月18日

6/18 アメリカこぼれ話37 ヒトラーが尊敬したアメリカ人 ヘンリー・フォード


アメリカこぼれ話 37
JN協会理事 北村 嵩 (元 JTB取締役)

「ヒトラーが尊敬したアメリカ人 ヘンリー・フォード 」

 ヒトラーはヘンリー・フォードを崇拝し、執務室に等身大の
フォードの肖像写真を飾っていた。フォードはヒトラーが好意を
示した数少ないアメリカ人であり、若きヒトラーがその思想を形
成していく上で多大な影響を受け、敬愛してやまない人物であっ
た。一方、フォードは、ナチス党の運動を賞賛し、1922年という
早い時期から、外国人としては初めて、ナチスに資金援助をした。

00105.gif    我々がイメージするフォードは、
  20世紀初頭に自動車会社を設立し、
  大量生産システムを開発してT型
  フォードを製造・販売し、大衆が
  購入できる低価格を実現した実業
  家で、1920年代のアメリカ産業界を
代表する大立者にして時代のヒーローというものである。

 しかしフォードは反ユダヤ主義的思想を抱いており、会社が順
調に大きくなった1919年に、彼が生まれた町ミシガン州ディアボー
ンで、廃刊寸前の週間地方紙『ディアボーン・インディペンデント』を
買収し、その新新聞紙上で反ユダヤキャンペーンを行った。1920年、
フォードは同紙に連載された特集記事を纏めて『国際ユダヤ人』と
いう書籍を発売した。これは帝政ロシア時代の秘密警察が民衆の
不満をそらすために作成した偽書とされる「シオン賢者の議定書」
から着想を得た本であり、フォードのような国際的に名声を博して
いる実業家がその信憑性を保証した形になり、16ヶ国語に翻訳され、
広く世界に読まれた。当時、ナチの指導者となったヒトラーもこの
本を愛読して影響を受け、ヒトラー・ユンゲルトの教材にこの本を
使用し、ナチス党員の間で聖典のように読まれた。

彼の著書『我が闘争』でも『国際ユダヤ人』を引用している箇所
がある。1930年代にアメリカから世界経済恐慌の波がドイツに押し
寄せてくると、社会に不安が広がり失業者数が増加した。この社会
不安を背景にナチスが党勢を拡大し、1933年、ヒトラー が首相に就
任した。ヒトラーが最初に手がけた政策の一つが深刻な雇用問題の
解決であった。高速道路(アウトバーン)の建設という公共事業を行
うと共に、フォードのまねをして安価な大衆車フォルクスワーゲン・
ビートルの大量生産を行った。

00106.gif   国民は公共事業で職を得てこ
 の国民車を購入し、自動車の普及
 が消費と生産を拡大していった。
 この結果、失業者数も激減してドイ
 ツの不況は克服され、ヒトラーの奇
 蹟と呼ばれた。ヒトラーは1938年に
 感謝の意を表して、ヘンリー・フォー
ドに勲章を贈っている。

 国民的英雄フォードが長期間、 大規模な反ユダヤ・キャンペーンを
行った背景には、 当時社会全体を支配していた、大量に入国した東
南欧系移民に対する排斥感情の高まりがあったのである。





.
posted by JN01 at 16:56| 連載:アメリカこぼれ話