2016年10月28日

アメリカこぼれ話 45 タバスコは何処の製品?

JN協会理事 北村 嵩 (元 JTB取締役)

「タバスコは何処の製品?」

今の日本で、スパゲッティーやピザの店でテーブルの上にある赤い液体が
入った小瓶、「タバスコ」を知らない人はほとんどいないであろう。

赤唐辛子と酢の混じった独特の味と香りは、食べ物の味をいっそう引き立て、
愛好する人も多い。赤い唐辛子の入ったあざやかな赤色の小瓶の上に、白い
菱形のラベルに緑の文字で「タバスコ」と書かれている。

タバスコとはメキシコ南部の川の名前である。

一見メキシコ製品のように見えるが、よくラベルを読むと「マッキルヘニー社、
メイド・イン・USA」と書かれている。実はタバスコは、アメリカ南部ルイジアナ
州産なのだ。

創始者のエドモンド・マッキルヘニーは、ニューオルリンズの銀行家でスコッ
チアイリッシュ系であった。南北戦争の最中1862年に、北軍がニューオルリン
ズ近郊まで攻め込んで来た。

マッキルヘニーは、妻の実家アヴェリー家のあるアヴェリーアイランドに避難
した。アイランドと言っても島ではない。ニューオルリンズの西、ケイジャン郡
にある岩塩が盛り上がって島のようになった土地である。

当時、塩は肉を貯蔵するために必要な貴重品であった。純粋な岩塩がドーム
状に豊富にあるアヴェリーアイランドは、北軍に侵略され、一家は更にテキサス
に逃げた。

南北戦争終了後、荒廃した故郷に帰ったマッキルヘニーは、庭に実っていた
唐辛子に塩をふりかけ、酢と麦芽汁を加え樽に漬け熟成させた。出来上がっ
た汁をオーデコロンの空き瓶に詰め、近所の人たちや友人に配ったところ
好評であった。

それで1868年に商標登録をし、商品化したのである。成功のポイントは豊富
な塩である。塩の運搬のために近くまで鉄道が敷設されていたので、これに
便乗して商品の売り上げを伸ばすことが出来た。

赤唐辛子は当初、近隣の農園で手積みしたものを使用していた。世界中に
需要が広がると周辺で収穫されたものだけでは間に合わなくなり、メキシコ、
ベネズエラ、コロンビア、ホンデュラスなどから輸入されるようになった。

現在でも昔ながらの製法を守っている。3年間は樽に漬けられ、味や色がチェッ
クされた後、酢が加えられて混合液が作られる。そして1ヶ月後に濾過されあの
小瓶に詰められて世界中に輸出されている。

我が日本が輸出先のナンバーワンである。








posted by JN01 at 16:24| 連載:アメリカこぼれ話

JAPAN NOW観光情報紙 109号 アップロードしました

JAPAN NOW観光情報紙 109号 アップロードしました

jnshi201609.gif    【目次】
   
   P-1 10月名古屋で「観光立国講演会」
   P-1 行政観光情報
   P-2 新しいまちづくり都市観光
   P-2 COLUMN「マラソン選手の栄光と悲劇的末路」
   P-3 南信州で獅子舞フェスティバルと国盗り綱引き合戦
   P-3 片山文彦 新宿支部長を偲ぶ
   P-4 銚子電鉄『鉄道おこし』
   P-4 NEW SPOT 斎藤茂太賞
   P-5 タバスコは何処の製品?
   P-5 国々の事情
   P-6 霞が関通信
   P-6 ミャンマー散骨旅行記2
   P-7 北ドイツ事情(6)ブラームス
   P-8 気象と天気の話『行き合いの空』
   P-8 編集後記


posted by JN01 at 14:26| JAPANNOW観光情報紙

2016年10月07日

【会員特典】観光立国大使館セミナー開催のお知らせ


   この度JAPAN NOW観光情報協会は「パキスタン・イスラム共和国大使館」の
   ご協力の下JN協会会員に向けた観光立国大使館セミナーを開催するはこびと
   なりました。JN会員皆様の多数のご参加をお待ちしております。

   【日 時】    平成28年11月4日(金) 14:00現地集合(大使館入口付近)

   【集合場所】  パキスタン・イスラム共和国大使館(東京都港区南麻布4-6-17)

   【講 演】    Farukh Amil (ファルーク アミール)パキスタン大使
            「パキスタン観光の魅力」を大使自らお話しいただきます。

   【参加資格】   JN協会会員様限定

   【参加費】  1,000円 ※お茶と軽食が供されます。

   【スケジュール】
          14:30〜15:30  大使の講演
          15:30〜16:00  Q&A
          16:00〜       refreshment(お茶と軽食)

   【注 意】
          当日は運転免許証等の顔写真付き身分証明書を必ずご持参ください。
          顔写真付きの身分証明書がないと大使館に入館できませんので
         必ずご持参ください。

   【申込締切】 申込は締め切りました。

   【連絡先】   JAPAN NOW観光情報協会 事務局
           TEL:03-5989-0902  杉・堤まで

       ※本セミナーについて、大使館への直接のお申込みやご連絡はできません。
        大使館への直接のお問合せなどはご遠慮ください。お問い合わせなどは、
        必ずJAPAN NOW観光情報協会の事務局までお願いいたします。




posted by JN01 at 19:10| 観光立国大使館セミナー